読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

talk to Janself

じゃんのひとりごと

第13回ハロプロ楽曲大賞'14

ハロプロ楽曲大賞、今年も投票しました。
そこそこコメントもしっかりめに書いたので、備忘録がわりにブログに残しておきます。
私はハロプロDDでしゃべりたがりなので、こういう企画はすごく楽しいですね。
企画スタッフさんたちに感謝です。
結果が今から楽しみ!

 

 

【楽曲部門


1位     [モーニング娘。’14] 『笑顔の君は太陽さ』
EDM路線でありながらしっかりとモーニング娘。っぽい明るさと希望を歌い上げる曲。その融合が見事でした。すごくまっすぐ素敵なことを歌うのに、「~誰かのモンじゃない」や「~親切できりゃいい」と口調が少し雑なところが却って愛を感じさせます。サビはすごく幸福感あふれるキャッチーなメロディですが、そこに「してりゃいい」や「生きりゃいい」がハズしで入ることで、より印象的なものになっていると感じます。曲調、リズム、歌詞の世界観、歌割(特に期ごとのパートが多い)、ダンスもすべて含めて道重リーダー体制のモーニング娘。のひとつの集大成がこの曲にあると思っています。

2位     [オールキャスト] 『Eli, Eli, Lema Sabachthani?』 ※Ver.違い
歌詞の世界観が好きです。エリエリはこちらのほうがハモリ部分が増えて、また間奏部分がちゃんと入ってより実際の舞台のものに近いので、Ver違いのほうに一票。食い気味に進むリズムも、普段のハロプロ楽曲にない感じが新鮮でとても楽しいです。

3位     [ファルス+少女たち] 『共同幻想ユートピア
ファルスの歌声がただただ素晴らしい。厭世、諦め、寂しさ、狂気からくる愉快さ…それらをすべて歌に乗せる工藤遥、只者ではない…。「宝物を閉じ込めるミツァいに~」の発音が素晴らしい。彼女の隠された実力を発見できた1曲です。なかなか普段聞かない三拍子の曲なのも良い。私は勝手にファルスのワルツと呼んでいます。

4位     [Berryz工房] 『コイセヨ!』
毎年1曲はある、ベリの楽しくて幸せで最高!ってなる曲。去年はすっちゃかでした。今年はコイセヨ!です。駆け抜けろ君は君のやり方で進め!前向きになれる、元気をもらえる。こういうアイドルソングが大好きです。YEAH!

5位     [℃-ute] 『心の叫びを歌にしてみた』
イントロからもう、メロディがたまらなく好みです。甘く切ないメロディに乙女心全開の歌詞がぴったり。メンバーソロの歌割が多く、バラエティ豊かな℃-ute5人の歌声を堪能できるのも良いです。ソロを楽しんだあとはサビの綺麗なユニゾン℃-uteを味わい尽くせる1曲です。可愛らしい曲なのに、ライブではコールも入れやすく会場がひとつになれるのも楽しいです。\All of me!/


【MV部門

1位     [モーニング娘。’14] 『笑顔の君は太陽さ』
今のモーニング娘。がつまっているMVだと思います。曲始まり、道重リーダーが1番に立ち、そこから後輩たちがついてくる構図。期ごとのAメロはそれに合う期ごとの振り。間奏ダンスの見せ場が鞘師と石田、後半譜久村も参加。ここ一番という場所の歌割は鞘師。ハズしは石田の「してりゃいい!」(ここだけラップっぽい)。サブリーダー譜久村・飯窪のビームで整列するメンバー。ラインの先頭は生田か鈴木。合間に挟まるクローズアップは、曲のとおりメンバーの笑顔がたくさん。こちらはソロだけでなくメンバー少人数のカットがあるところも素晴らしいです。MVの加工もメンバーの笑顔や動きから自在に世界がつくられていくみたいでとても面白く、見ごたえがあります。

2位     [Juice=Juice] 『初めてを経験中』
部屋セットのMVは外れがありませんね。去年はベーグルにハム&チーズに投票しました。可愛らしい曲には可愛いセット。ハロプロのMVはあまりセットらしいセットがないものも多いので、ここまであるだけでかなり高得点です。しかも自室っぽいセットのほかにリビングらしい場所もあります。どちらもメンバーカラーに合わせて部屋の色や小物が変わっているなど細かい部分までこだわりがあって感動。机にポンと突然置いてあるメンバーフルーツのシュールさも好きです(笑)。そんなセットに囲まれて、可愛らしく歌うメンバーの表情がとてもよく見れるMVだと思います。宮本の怪我があった都合でダンスショットがないわけですが、そうと感じさせないほど素晴らしい出来です。あと1番サビ前の宮本の笑顔に落ちない人はいないのではないか…というくらいの破壊力で、お気に入りです。

3位     [Juice=Juice] 『イジワルしないで 抱きしめてよ (Dance Shot Ver.)』
このダンスショットの撮影には、いろんな思いがあったはず……。真ん中に立つ彼女がどう思ったのか。立てなかった彼女は何を感じたのか。悲しい意見もたくさん聞きましたが……このあとどういう意見が出るかもわかったうえでそれでもやりきってくれた彼女と、悔しいはずなのにその場から目を逸らさず見守っていてくれた彼女、そんなふたりの勇気を私は称えたいと思い、投票しました。このMV撮影に対するふたりの思いやりのあるコメントを聞いて、大人だなぁと思いました。心無い言葉を投げつけるファンよりもずっと。


【推しメン部門

石田亜佑美
春ツアーではHDYLJでメインを張ったり、秋ツアーではIt's Youや銀時計でダンスで抜擢されたりと順調に見せ場を増やしてきました。また、私のでっかい花、銀時計、DIN等、ラップも多く任されており「娘。のラップ担当」の位置を確立したように思います。リリウムでの熱演も素晴らしかったです。バースデーイベントでは多くゲストとして呼ばれ、盛り上げ担当としての信頼も厚い彼女。非常に多くの成長を見せてくれました。そして彼女の素晴らしいところは活動を通して自分がどう感じたか、考えたかをブログやソロラジオで丁寧に発信してくれることです。ファンは素晴らしいステージを見るだけでなく、その裏で彼女がどう考えて動き何を感じたかを知ることができるのです。その心遣いにただただ感服。ありがとうございました。今年も世界で一番大好きです。